Works & Presentations

prize受賞     paper雑誌掲載     talk学会発表   otherその他


2017

  • 坂田結衣 日本視覚学会2017年冬季大会 ベストプレゼンテーション賞


  • 対称軸への順応形状とパターンの相互作用

    坂田結衣,酒井 宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.29,No.1,p54.
  • 表面質感の皮質表現―順応実験による心理物理学的探索―

    工藤功基,酒井 宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.29,No.1,p49.
  • Wavelet変換を用いた光沢感を生起する照明の探索

    森唯人,酒井 宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.29,No.1,p43.

  • 2016

  • Perceptual Representation of Material Quality: Adaptation to BRDF-Morphing Images

    K. Kudou, K. Sakai
    Lecture Notes in Computer Science, 9950, p208-212
  • Representation of Local Figure-Ground by a Group of V4 cells

    Masaharu Hasuike, *Yukako Yamane, *Hiroshi Tamura and Ko Sakai.
    Univ. Tsukuba, *Osaka Univ.
    Lecture Notes in Computer Science, 9947, p131-137(2016)
  • Modeling the Time-Course of Responses for the Border Ownership Selectivity Based on the Integration of Feedforward Signals and Visual Cortical Interactions.

    N. Wagatsuma and K. Sakai
    Frontiers in Psychology, Vol.7, Article 2084
    doi:10.3389/fpsyg.2016.02084
  • Figure-ground discrimination by a population of V4 cells.

    K. Sakai, M. Hasuike, D. Minowa, *Y. Yamane, and *H. Tamura
    Univ. Tsukuba, *Osaka Univ.
    Society for Neuroscience, Annual Meeting 2016, 54.25
  • Adaptation to Symmetry Axis

    Yui Sakata, Ko Sakai
    Vision Sciences Society, Annual Meeting 2016, 43.4038
  • Simultaneous Representation of Shape and Material --- Adaptation to Material Alters the Perception of Depth

    Ko Sakai, Takeshi Oyakawa
    Vision Sciences Society, Annual Meeting 2016, 36.4006
  • 坂田結衣 情報メディア創成学類長表彰


  • 矢浦佑騎 情報科学類心青会賞受賞


  • 質感に順応して変化する奥行き知覚

    親川武仕、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.28,No.1,p46.
  • 物体領域知覚の皮質メカニズムの究明-図地と図方向知覚の優位性と眼球運動-

    卜部みか、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.28,No.1,p59.
  • 対称性の知覚と皮質対応―対称軸への順応

    坂田結衣、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.28,No.1,p67.
  • 質感知覚の照明依存性〜照明光の計算論的表現〜

    森唯人、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.28,No.1,p67.
  • 視覚皮質における質感表現の探索―BRDF morphing刺激を用いた順応実験―

    工藤功基、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 抄録集)vol.28,No.1,p68.
  • Sparse coding generates curvature selectivity in V4 neurons.

    Y. Hatori, T. Mashita and K. Sakai
    Journal of Optical Society of America, A, Vol.33, No.4, pp.552-537,doi:10.1364/JOSAA.33.000527

  • 2015

  • Perceptual representation and effectiveness of local figure?ground cues in natural contours.

    Ko Sakai, Shouhei Matsuoka, Ken Kurematsu and Yasuhiro Hatori
    Front. Psychol., 03 November 2015, doi:10.3389/fpsyg.2015.01685
  • The Simultaneous Perception of Material Qualities and Depth in Human Vision

    T.Oyakawa and K. Sakai
    The Proceeding of the 25th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society,p.78
  • Capability of Figure-Ground Discrimination by a Population of V4 cells

    Masaharu Hasuike, Yukako Yamane(*), Hiroshi Tamura(*) and Ko Sakai.(*Osaka University)
    The Proceeding of the 25th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society,p.76
  • Figure-Ground Segregation by a Population of V4 cells --- A Computational Analysis on Distributed Representation.

    Masaharu Hasuike, Shuto Ueno, Dai Minowa, Yukako Yamane(*), Hiroshi Tamura(*) and Ko Sakai.(*Osaka University)
    The Proceedings of ICONIP 2015
    International Conference on Neural Informaiton Processing
  • Direction of Figure in Natural Contours by Population Coding of Surround-Modulation Models and V4 Neuronal Activities.

    Masaharu Hasuike, Yusuke Nakata, Yukako Yamame, Hiroshi Tamura and Ko Sakai
    Asia-Pacific Conference on Vision, Singapore, July 11, 2015
    Asia-Pacific Conference on Vision
  • Adaptation to Symmetry Axis --- Towards Understanding the Cortical Representation of Shape ---.

    Ko Sakai, Ken Kurematsu, and Yui Sakata
    Asia-Pacific Conference on Vision, Singapore, July 11, 2015
    Asia-Pacific Conference on Vision
  • Facilitatory mechanisms of specular highlights in the perception of depth.

    K. Sakai, T. Meiji and T. Abe (2015)
    Vision Research, doi: 10.1016/j.visres.2015.05.001
    Vision Research
  • Neural construction of 3D medial axis from the binocular fusion of 2D MAs.

    Wei Qiu, Yasuhiro Hatori, Ko Sakai
    Neurocomputing, Vol.149, B, 546-558
    Neurocomputing
  • Synchronous Firing Caused by Natural Image Contours

    Dai Minowa, Yukako Yamane, Hiroshi Tamura, and Ko Sakai
    10th AEARUWorkshop,p77-78
  • Global and local properties in the perception of figure-ground

    Mika Urabe, Ko Sakai
    10th AEARUWorkshop,p76
  • The Simultaneous Perception of Material Qualities and Depth in Human Vision

    Takeshi Oyakawa, Ko Sakai
    10th AEARUWorkshop,p75
  • Curvatures of Natural Contours Facilitate Neural Responses of Figure-Ground

    Masaharu Hasuike, Yuakako Yamane, Hiroshi Tamura, and Ko Sakai
    10th AEARUWorkshop,p74
  • Cortical Representation of Meterial: Adaptation to Reflectance Distribution Function

    Kouki Kudou and Ko Sakai
    10th AEARUWorkshop,p73
  • 視覚皮質における質感表現の探索 -BRDF morphing刺激を用いた順応実験-

    工藤功基、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.27,No.1,p.23,52
  • 質感に依存して変化する奥行き知覚

    親川武仕、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.27,No.1,p.23,52
  • 物体領域知覚における大域性と局所性 -図地知覚と図方向知覚の関係から見る皮質メカニズムの究明-

    卜部みか、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.27,No.1,p.19,32
  • 対称軸への順応

    榑松憲、酒井宏
    Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.27,No.1,p.19,33

  • 2014

    • Perception of Symmetry in Natural Images --- A Cortical Representation of Shape.

      Ko Sakai, Ken Kurematsu, and Shouhei Matsuoka
      Lecture Notes in Computer Science, vol.8836, pp.135-141
    • A Search for Material Representation in the Cortex

      T.Oyakawa K.Kudo and K. Sakai
      The Proceeding of the 24th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society,p.42-43
    • Sparseness and Surface Representation in the Generation of Curvature Selectivity.

      Y. Hatori, T.h Mashita and K. Sakai
      Vision Sciences Society, Annual Meeting 2014, 23.343
    • Perceptual Characteristics of Natural Contours and Their Contributions to Figure/Ground Segregation.

      K. Sakai, K. Kurematsu and S. Matsuoka
      Vision Sciences Society, Annual Meeting 2014, 26.338
    • 卜部みか 情報メディア創成学類長表彰


    • 親川武仕 情報科学類長表彰


    • 自然像輪郭における対称性の知覚

      榑松憲,酒井宏
      Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.26,No.1,p.19,45
    • 輪郭の凸性・閉合性・対称性と図方向知覚

      松岡昭平,榑松憲,酒井宏
      Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.26,No.1,p.19,37
    • 質感表現の探索

      親川武仕,酒井宏
      Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.26,No.1,p.20,47-48
    • 図方向の統合による図領域の知覚

      卜部みか,酒井宏
      Vision(日本視覚学会 冬季大会 妙録集)Vol.26,No.1,p.21,58
    • Early Representation of Shape by Onset Synchronization of Border-Ownership-Selective Cells in the V1-V2 Network.

      Y. Hatori and K. Sakai (2014)
      Journal of Optical Society of America, A, Vol.31

    2013

    • Spatial and Feature-Based Attention in a Layered Cortical Microcircuit Model.

      Nobuhiko Wagatsuma, Tobias C. Potjans, Markus Diesmann, Ko Sakai, Tomoki Fukai (2013)
      PLOS ONE , 06 Dec 2013, 10.1371/journal.pone.0080788
    • Latency Modulation of Border Ownership Selective Cells in V1-V2 Feed-Forward Model.

      K. Sakai and S. Michii
      Lecture Notes in Computer Science, Vol.8228, pp.291-300
      20th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2013)
    • Sparseness for the Representation of Surface in the Construction of
      Curvature Selectivity in V4

      Y. Hatori, T. Mashita, K. Sakai
      PRISM2: The science of light & shade
    • Sparseness Controls the Receptive Field Characteristics of V4 Neurons:
      Generation of Curvature Selectivity in V4

      Y. Hatori, T. Mashita, K. Sakai
      Lecture Notes in Computer Science, Vol. 8131, pp.327-334
      23rd International Conference on Artificial Neural Networks
    • Sparse Representation in the Construction of Curvature Selectivity in V4

      Y. Hatori, T. Mashita, K. Sakai
      36th European Conference on Visual Perception
    • 自然画像における輪郭の対称性―シンメトリーによる形状の皮質表現の探索

      榑松憲, 酒井宏
      映像情報メディア学会技術報告,Vol.37, No.12, 13-16
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • Surface based integration of local orientations for the construction of curvature selectivity -Neural mechanism of sparse coding in V4-

      Y. Hatori, T. Mashita, K. Sakai
      The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(Neuro2013)
    • 面表現に基づく情報統合により生起される曲率選択性

      羽鳥康裕、酒井 宏
      電子情報通信学会技術報告, Vol.112, No.480, pp.73-78
      電子情報通信学会/ニューロコンピューティング研究会
    • Feature-based attention in Early Vision for the Modulation of Figure-Ground Segregation

      N. Wagatsuma, M. Oki and K. Sakai
      Frontiers in Psychology, vol.4, article 123, 17 pages
      (Frontiers in Perception Science)

    2012

    • Structures of Surround Modulation for the Border-Ownership Selectivity of V2 cells

      Y. Nakata and K. Sakai
      Lecture Notes in Computer Science, vol.7663, p.383
      19th International Conference on Neural Information Processing(ICONIP2012)
    • Surface-based construction of curvature selectivity from the integration of local orientations

      Y. Hatori and K. Sakai
      Lecture Notes in Computer Science, Volume 7665, pp 425-433
      19th International Conference on Neural Information Processing(ICONIP2012)
    • Spatio-temporal constrains of surround modulation for border-ownership selectivity

      K. Sakai, K.Kondo, S.Michii
      Society for Neuroscience, Annual Meeting 2012
    • Curvature selectivity based on the surface representation in lower- to intermediate-level visual corticies

      Y. Hatori and K. Sakai
      Society for Neuroscience, Annual Meeting 2012
    • Modeling curvature synthesis based on the surface representation in early to intermediate visual areas

      Y. Hatori and K. Sakai
      The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(Neuroscience 2012),P2-a36
    • Coding Scheme for the representation of shape in cortical area V4 --- A computational analysis

      T. Mashita and K. Sakai
      The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(Neuroscience 2012),P2-a28
    • Population Coding of Border Ownership in Natural Images

      Y. Nakata and K. Sakai
      The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society(Neuroscience 2012),P1-e16
    • Medial Axis representation of 3D shape in the cortex

      W. Qiu and K. Sakai
      The 22th Annual Conference of Japanese Neural Network Society,P1-6
    • Consistent and robust determination of border-ownership based on asymmetric surrounding modulation.

      K. Sakai, H. Nishimura, R. Shimizu and K. Kondo (2012)
      Neural Networks, Vol.33, 257-274
    • Perception of border ownership by multiple Gestalt factors.

      S. Matsuoka and K. Sakai Asia-Pacific Conference on Vision, Abstract p.63 (oral presentation)
    • Medial axis for the cortical representation of 3D shape.

      W. Qiu and K. Sakai (2012) Asia-Pacific Conference on Vision, Abstract p.63 (oral presentation)
    • Roles of surface representation in early visual areas for the construction
      of curvature selectivity.

      Y. Hatori and K. Sakai
      Brain Inspired Computing 2012, Poster 1-4
    • Representation of shape in cortical area V2.

      T. Mashita and K. Sakai
      Brain Inspired Computing 2012, Poster 1-5
    • Neural mechanisms for 3D shape representation by medial axis.

      W. Qiu and K. Sakai
      Brain Inspired Computing 2012, Poster 2-4
    • 羽鳥康裕 日本学術振興会 特別研究員(DC2)

      日本学術振興会
    • A computational study on the representation of curvature constructed from surface-based integration

      Y. Hatori and K .Sakai
      Vision Sciences Society, Annual Meeting 2012
    • Perceptual integration of specular highlight and shading

      K. Sakai, R. Meiji, T. Abe
      Vision Science Society, Annual Meeting 2012
    • 羽鳥康裕 ソリューション型研究開発プロジェクト優秀賞


    • 松岡昭平 情報メディア創成学類長表彰


    • 図方向知覚を生起する周辺変調構造のSVMによる数理的解析

      中田悠介,酒井宏
      電子情報通信技術研究報告,Vol.111,No.483,pp.69-74
      電子情報通信学会/ニューロコンピューティング研究会
    • 松岡昭平 平成24年度映像情報メディア学会 ベストプレゼンテーション賞


    • 複数のGestalt要因による図方向知覚促進

      松岡昭平, 酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告, Vol.36, No.13, 13-16
      映像情報メディア学会/ヒュ−マンインフォメ−ション研究会
    • ハイライトによる三次元形状知覚の促進

      阿部哲也,酒井宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) Vol.24, No.1, p.16


      TOP

    2011

    • 羽鳥康裕 大学院生等の海外派遣旅費支援

      筑波大学
    • Sparse coding for the representation of shape in cortical area V2

      Tatsuroh Mashita and Ko Sakai
      The Proceedings of the 21st Annual Conference of the Japanese Neural Network Society, pp.52-53

    • Medial Axis for 3D Shape Representation

      W. Qiu and K.Sakai
      Lecture Notes in Computer Science, vol.7062, 79-87
      18th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2011)
    • Border-Ownership選択性を生起する周辺変調の制約

      近藤慧一, 道井俊介, 酒井宏
      日本神経科学学会/第34回日本神経科学大会(Neuroscience 2011) 横浜, P4-h13
    • V1-V2ネットワークにおけるBorder-Ownership選択性細胞のOnset同期による形状表現

      羽鳥康裕, 酒井宏
      日本神経科学学会/第34回日本神経科学大会(Neuroscience 2011) 横浜, P2-i05
    • Surface construction from the onset synchronization of border-ownership cells in V1-V2 model

      Y.Hatori and K. Sakai
      Vision Science Society, Annual Meeting 2011,
      Journal of Vision, Volume 11, Number 11, Article 886

    • 裘瑋 情報メディア創成学類長表彰


    • 皮質V4領野における形状表現の符号化方式の研究

      益田達朗,酒井宏
      映像情報メディア学会技術報告,vol.35,No.16,pp.97-100
    • 中心軸による3次元形状の皮質表現

      裘瑋,酒井宏
      電子情報通信技術研究報告,Vol.110,No.388,pp.81-86
      電子情報通信学会/ニューロコンピューティング研究会
    • 形状知覚における輪郭同期

      角真登,酒井宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) Vol.23, No.1, 81
    • 3次元形状知覚における視点光源と透明感の効果

      村上友佳子,酒井宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) Vol.23, No.1, 82
    • Decoding of Depth and Motion in Ambiguous Binocular Perception.

      K. Sakai, M. Ogiya and Y. Hirai
      Journal of Optical Society of America, A, Vol.28, No.7, 1445-1452
    • 研究最前線---ニューロコンピューティング

      花沢明俊,酒井宏,三浦健一郎
      情報・システムソサエティ誌,Vol.15, No.4, 16-17


      TOP

    2010

    • Roles of early vision for the dynamics of border-ownership selective neurons

      N.Wagatsuma and K.Sakai
      Lecture Notes in Computer Science, vol.6443, 99-106
      17th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2010)
    • Orientation Dependence of Surround Modulation in the Population Cording of Figure/Ground

      K.Kondo and K.Sakai
      Lecture Notes in Computer Science, vol.6444, 565-573
      17th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2010)
    • 図方向選択性細胞が導くゲシュタルト要因の定量評価

      近藤慧一,酒井 宏
      電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.149, 57-61
      電子情報通信学会/ニューロコンピューティング研究会
    • 明治涼子 日本視覚学会2010年冬季大会 ベストプレゼンテーション賞

      詳細
    • Roles of early vision for the dynamics of border-ownership selective cells

      N. Wagatsuma, T. Fukai and K. Sakai
      Vision Sciences Society, Annual Meeting 2010, Abstract, p.173
    • オブジェクトの配置が人に与える印象の定量的評価

      山崎 翔,酒井 宏
      情報処理学会 第72回全国大会予稿集(5), 143-144
    • 周辺変調効果によるゲシュタルト要因の定量的評価

      近藤慧一,酒井 宏
      情報処理学会 第72回全国大会予稿集(5), 151-152
    • 輪郭の同期/非同期による形状知覚の変調

      松本隆二,酒井 宏
      情報処理学会 第72回全国大会予稿集(5), 153-154
    • 特徴注意による図方向知覚の変調

      沖めぐみ,我妻伸彦, 酒井 宏
      情報処理学会 第72回全国大会予稿集(5), 149-150
    • Representation of Shape by Medial Axis in Cerebral Cortex

      Maria Alejandra,Yasuhiro Hatori, and Ko Sakai
      映像情報メディア学会技術報告, Vol.34, No.11, pp.1-4(ヒュ−マンインフォメ−ション研究会)
    • 鏡面ハイライトと陰影の知覚的統合

      明治涼子、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) Vol.22, No.1, 85-86
    • 輪郭の同期/非同期による形状知覚の変調―ゲシュタルトと同期の拮抗

      松本隆二、近藤慧一,酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) Vol.22, No.1, 92-93


      TOP

    2009


    2008

    • 我妻伸彦 国際会議論文発表者助成

      NEC C & C 財団
    • 我妻伸彦 国際会議論文発表者助成

      映像情報メディア学会
    • 谷 浩二 学生奨励賞

      情報処理学会/第70回全国大会
    • Robust Detection of Medial-Axis by Onset Synchronization of Border-Ownership Selective Cells and Shape Reconstruction from its Medial-Axis

      Yasuhiro Hatori, Ko Sakai
      International Conference on Neural Information Processing 2008(New Zealand)
    • Representation of Medial Axis from Synchronous Firing of Border-Ownership Selective Cells

      Yasuhiro Hatori and Ko Sakai
      Lecture Notes In Computer Science, Vol.4984, 18-26, 2008
    • Effect of Spatial Attention in Early Vision for the Modulation of the Perception of Border-Ownership

      Nobuhiko Wagatsuma, Ryohei Shimizu and Ko Sakai
      Lecture Notes In Computer Science, Vol.4984, 348-357, 2008
    • 初期視覚における空間的注意の図方向変調
      Spatial attention in early vision modulates the perception of the border-ownership

      我妻伸彦、清水亮平、酒井宏
      日本神経科学学会/第31回日本神経科学大会(Neuroscience 2008)
      東京(東京国際フォーラム), P1-j03
    • 図方向選択性細胞の同期による頑健な中心軸表現
      Robust representation of medial axis by the onset synchronization of border-ownership

      羽鳥康裕、酒井宏
      日本神経科学学会/第31回日本神経科学大会(Neuroscience 2008)
      東京(東京国際フォーラム), P2-k09
    • Spatial attention in early vision for the perception of border ownership

      Nobuhiko Wagatsuma, Ryohei Shimizu & Ko Sakai
      Journal of Vision, Volume 8, Number 7, Article 22, p1-19
    • Independence of Space-based and Feature-based Attention in the Determination of Figure Direction.

      Nobuhiko Wagatsuma, Ryohei Shimizu & Ko Sakai
      Computational Neuroscience Meeting 2008
    • 筑波大学 酒井研究室 フレッシュアイズ 〜映像研究現場紹介〜

      我妻 伸彦
      映像情報メディア学会誌 vol.62 No.5 2008
      映像情報メディア学会
    • talkハイライトによる3 次元形状知覚の促進

      明治 涼子、酒井 宏
      日本視覚学会 学会誌 VISION vol.20-2 P22
      日本視覚学会/2008夏季大会
    • Contrast modulation by spatial attention for the perception of figure directions

      Nobuhiko Wagatsuma,Ryohei Shimizu & Ko Sakai
      Journal of Vision,Vision Sciences Society Meeting vol.8-6 p882
    • Orientation and spatial frequency dependency in border-ownership dependent tilt aftereffect

      T.Sugihara, Y. Tsuji and K. Sakai
      Journal of Optical Society of America,A vol.25 p1420-1434

    • talk 曖昧な眼間時差が持つ共変性と生成知覚

      荻谷 光晴、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 vol.32 p73-76
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会

    • talk3次元形状知覚におけるハイライトの効果

      明治 涼子、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 vol.32 p69-72
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会

    • talk大域統合による局所運動の無視

      谷 浩司、酒井 宏
      情報処理学会第70回全国大会講演論文集 vol.5 p261-262
      情報処理学会/第70回全国大会 つくば(筑波大学)口頭発表

    • talk色相変化による陰影からの奥行き知覚促進

      成島 和樹、酒井 宏
      情報処理学会第70回全国大会講演論文集 vol.5 p259-260
      情報処理学会/第70回全国大会 つくば(筑波大学)口頭発表

    • talk自然画像を対象とする図方向決定アルゴリズム 視覚皮質の文脈依存性を用いた情報爆発への対応

      渡辺 哲次、西村 悠、酒井 宏
      情報処理学会第70回全国大会講演論文集 vol.5 p255-256
      情報処理学会/第70回全国大会 つくば(筑波大学)口頭発表

    • talk無意識の意味 図方向決定における視覚的注意

      清水 亮平、我妻 伸彦、酒井 宏
      情報処理学会第70回全国大会講演論文集 vol.5 p257-258
      情報処理学会/第70回全国大会 つくば(筑波大学)口頭発表

    • talk皮質ネットワークモデル構築のための統合環境開発

      我妻 伸彦、渡辺 哲次、羽鳥康裕、気仙 拓也、酒井 宏
      2007年度 CSテクニカルレポート・システム開発型研究プロジェクト特集号 11
      システム開発型研究プロジェクト つくば (筑波大学)

    • talk眼間時差から生じる奥行きと運動の知覚

      荻谷 光晴、酒井 宏
      日本視覚学会 学会誌 VISION vol.20-1 p34
      日本視覚学会/2008年冬季大会 東京(工学院大学)ポスター発表

    • talk大域統合による局所運動の無視

      谷 浩司、酒井 宏
      日本視覚学会 学会誌 VISION vol.20-1 p32
      日本視覚学会/2008年冬季大会 東京(工学院大学)ポスター発表

    • talk周囲コントラスト変調によるGestalt Factorsの出現 Border-Ownership細胞モデルの自然画像への適応

      渡辺 哲次、酒井 宏
      日本視覚学会 学会誌 VISION vol.20-1 p53
      日本視覚学会/2008年冬季大会 東京(工学院大学)口頭発表

    • talk空間的注意による図方向変調の不変性

      清水 亮平、我妻 伸彦、酒井 宏
      日本視覚学会 学会誌 VISION vol.20-1 p34
      日本視覚学会/2008年冬季大会 東京(工学院大学)ポスター発表



      TOP


    2007

    • 我妻 伸彦 ICONIP 2007 Student Best Paper Award

      Proc. of ICONIP 2007
    • 我妻 伸彦 コンピュータサイエンス専攻長表彰

      筑波大学システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻
    • Surround modulation reproduces the robust perception of border-ownership includion Gestalt factors

      K.Sakai, H.Nishimura, N.Wagatsuma, and R.Shimizu
      Society for Neuroscience, 2007 Annual Meeting Abstruct 7 229
    • Effect of Spatial Attention in Early Vision for the Modulation of the Perception of Border-Ownership

      N.Wagatsuma, R.Shimizu, K.Sakai
      Proc. of ICONIP 2007
    • talkRepresentation of Medial Axis from Synchronous Firing of Border-Ownership Selective Cells

      Y.Hatori, K.Sakai
      Proc. of ICONIP 2007
    • 初期視覚系の周辺文脈依存効果を基とした自然画像における図地分離メカニズム
      Figure/ground segregation in natural images based on surround modulation in early vision

      渡辺 哲次、 西村 悠
      第30回日本神経科学大会 パシフィコ横浜 ポスター発表
    • A crucial role of surrounding modulation for border-ownership determination

      Haruka Nishimura
      30th European conference on visual perception Arezzo, Italy
    • talk陰影からの奥行き知覚 色相変化による影響

      成島 和樹、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 19-3 184
      日本視覚学会/2007年夏季大会 愛知(ホテル日航豊橋) ポスター発表
    • talk図方向選択性細胞の同期発火による中心軸モデル

      羽鳥 康裕、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 19-3 185-186
      日本視覚学会/2007年夏季大会 愛知(ホテル日航豊橋) ポスター発表
    • talk実画像に対する人間の知覚特性に基づく図方向知覚を再現するシミュレーションシステムの構築

      我妻 伸彦、辻 義尚、成島 和樹、渡辺 哲次、酒井 宏
      2006年度 CSテクニカルレポート・システム開発型研究プロジェクト特集号 * 9
      システム開発型研究プロジェクト つくば (筑波大学)
    • Spatial Attention in Early Vision for the Perception of Border Ownership

      我妻 伸彦
      Computational and Systems Neuroscience 2007 ポスター発表
    • talk図方向決定因子の図形的特徴

      辻 義尚、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 31 No.19 13-16
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • talkSparse Coding による初期視覚野情報表現の探究

      西山 優香、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告31 No.19 25-28
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • talk形状知覚における神経細胞集団による中心軸表現

      羽鳥 康裕、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 31 No.19 29-32
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • talkFactors for border-ownership determination evaluated from pseudo white-noise stimuli

      辻 義尚、西村 悠、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 19-1 81
      日本視覚学会/2007年冬季大会 東京(東京工業大学) ポスター発表
    • talk皮質周辺効果を基にした図方向決定モデルの頑健性

      渡辺 哲次、西村 悠、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 19-1 81
      日本視覚学会/2007年冬季大会 東京(東京工業大学) ポスター発表
    • talk空間的注意による図地知覚の変調

      清水 亮平、我妻 伸彦、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 19-1 78
      日本視覚学会/2007年冬季大会 東京(東京工業大学) ポスター発表
    • The direction of figure is determined by asymmetric surrounding suppression/facilitation

      H.Nishimura, K.Sakai
      Neurocomputing 70 1920-1924
    • Simultaneous Determination of Depth and Motion in Early Vision

      Ko Sakai, Shiori Katsumata
      Neurocomputing 70 1819-1823
    • Border-ownership dependent tilt after effect in incomplete figures

      T.Sugihara, Y.Tsuji, K.Sakai
      Jornal of Optical Society of America A 24 18-24

      TOP


    2006

    • 西村 悠 映像情報メディア学会 優秀研究発表賞

      映像情報メディア学会
    • 成島和樹 第3学群長表彰

      筑波大学第3学群
    • 我妻 伸彦 日本神経回路学会 ワークショップ参加助成

      日本神経回路学会
    • 我妻 伸彦 情報科学国際交流財団 研究者海外派遣助成

      情報科学国際交流財団
    • 青木 奈津子 映像情報メディア学会 船井技術賞

      映像情報メディア学会
    • Spatial Attention in Early Vision Alternates Direction-of-Figure

      Nobuhiko Wagatsuma
      International Conference on Neural Information Processing 2006(Hong Kong)
    • Spatial attention in Early Vision Alternates Direction-of-Figure

      Nobuhiko Wagatsuma, Ko Sakai
      Lecture Notes in Computer Science 4232 219-227
    • Spatial Attention in Early Vision Alternates Direction-of-Figure

      我妻 伸彦
      脳と心のメカニズム 夏のシンポジウム 2006(札幌)
    • 周囲抑制・促進効果を基とした図方向決定モデルとその検討

      西村 悠
      脳と心のメカニズム 夏のシンポジウム 2006(札幌)
    • The Direction of Figure is Determined by Asymmetric Surrounding Suppression/Facilitation

      Haruka Nishimura
      Computional Neuroscience Meeting 2006(Edingbourgh,UK)
    • The Direction of Figure is Determined by Asymmetric Surrounding Suppression/Facilitation

      Haruka Nishimura
      The Fourth Asian Conference on Vision 2006
    • Spatial Attention in Early Vision for the Perception of Border Ownership

      Nobuhiko Wagatsuma and Ko Sakai
      The Fourth Asian Conference on Vision 2006
    • Orientation Dependency in Border-Ownership Dependent Tilt-Aftereffect

      Yoshihisa Tsuji, Tadashi Sugihara, Ko Sakai
      The Fourth Asian Conference on Vision 2006
    • Shape from Shading −Facilitation by Local Contrast−

      Kazuki Narushima and Ko Sakai
      The Fourth Asian Conference on Vision 2006
    • Facilitation of shape-from-shading perception by random textures

      Ko Sakai, Kazuki Narushima, Natsuko Aoki
      Jornal of Optical Society of America A 23 1805-1813
    • Population Analysis on Border-Ownership Determination

      Ko Sakai, Haruka Nishimura
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 18 Supplement for ACV2006 95
      日本視覚学会
    • Spatial attention in Early Vision for the Perception of Border Ownership

      Nobuhiko Wagatsuma, Ko Sakai
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 18 Supplement for ACV2006 142
      日本視覚学会
    • Orientation Dependency in Border Ownership Dependent Tilt-aftereffect

      Yoshihisa Tsuji, Ko Sakai
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 18 Supplement for ACV2006 143
      日本視覚学会
    • Shape from Shading: Facilitation by Local Contrast

      Kazuki Narushima, Ko Sakai
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 18 Supplement for ACV2006 194
      日本視覚学会
    • talk眼間時差情報から生じる速度知覚

      荻谷 光晴、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 18-1 61
      日本視覚学会/2006年冬季大会 東京(工学院大学)ポスター発表
    • talkV1における両眼視差と眼間時差の統合符号化の計算論的モデルの検証

      勝又 詩織、酒井 宏
      VISION (The Journal of Vision Society of Japan) 18-1 49
      日本視覚学会/2006年冬季大会 東京(工学院大学)口頭発表
    • 視覚皮質野における図方向決定メカニズムの解明 -計算論的研究

      西村 悠、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 30 No.21 33-36
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • 図方向知覚における空間的注意の皮質メカニズム -計算論的モデル

      我妻 伸彦、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 30 No.21 37-40
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • カモフラージュを使った眼間視差による運動方向と奥行きの知覚

      谷 浩司、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 30 No.21 1-4
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • 陰影からの3次元知覚 -輝度変化による促進-

      成島 和樹、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 30 No.22 1-4
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会

      TOP


    2005

    • 西村 悠 日本学術振興会 特別研究員(DC2)

      日本学術振興会
    • 青木 奈津子 映像情報メディア学会 研究奨励賞

      映像情報メディア学会
    • Surrounding Suppression and Facilitation in the Determination of Border Ownership

      K. Sakai H. Nishimura
      Journal of Cognitive Neuroscience 18 562-579
    • Surrounding suppression and facilitation evoke border ownershipselectivity - A computational study

      K. Sakai
      Neuroscience Research
    • talk眼間遅延からの奥行と運動の知覚

      酒井 宏、 荻谷 光晴
      視覚科学フォーラム 32
    • talk初期視覚における眼間時差情報の符号化 −奥行き・速度の同時処理メカニズム− (Encoding of interoculer time delay in early vision -joint encoding mechanism for depth and velocity -)

      荻谷 光晴、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 29, No. 22 5-8
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • talk視覚皮質野における図方向決定メカニズムの解明-計算論的研究 -

      、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬期大会 抄録集) 17
      日本視覚学会/2005年冬季大会 東京(早稲田大学大久保キャンパス)ポスター発表
    • talk眼間時差から生じる知覚における奥行き優先仮説

      荻谷 光晴、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬期大会 抄録集) 17, No. 1 73
      日本視覚学会/2005年冬季大会 東京(早稲田大学大久保キャンパス) ポスター発表
    • 不完全な図における傾斜順応の境界帰属依存性

      辻義尚、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬期大会 抄録集) 17
      日本視覚学会/2005年冬季大会 東京(早稲田大学大久保キャンパス) 口頭発表
    • The computational model for border-ownership determination consisting of surrounding suppression and facilitation in early vision

      H. Nishimura K. Sakai
      Neurocomputing 65-66 77-83
    • 第28回日本神経科学大会 神奈川(パシフィコ横浜)

      西村 悠
      日本神経科学学会
    • 生理学若手サマースクール2005 東京(東京医科歯科大学)

      西村 悠
      日本生理学会
    • talkBorder-Ownershipの決定における空間的注意の役割―計算論的モデル―

      我妻 伸彦
      日本視覚学会2005年夏季大会 東北大学
    • 生理学研究所トレーニングコース2005

      我妻 伸彦
      生理学研究所
    • 図方向決定における輪郭の完結性

      辻 義尚
      Optics Japan 2005(東京)
    • Contour completeness and orientation in the border ownership dependent tilt aftereffect

      辻 義尚
      脳と心のメカニズム 冬のシンポジウム2005 ルスツリゾート(ポスター発表)
    • 不完全な図における傾斜順応効果の境界帰属依存性

      辻 義尚
      日本視覚学会2005年冬季大会 早稲田大学(口頭発表)
    •  

      辻 義尚
      日本視覚学会2005年夏季大会 東北大学
    •  

      辻 義尚
      第28回日本神経科学大会 パシフィコ横浜
    • 第1次視覚野における両眼間の視差と時間差の統合符号化の計算論的モデル(The Computational Model of Joint-encoding of Interoculer Time Difference and Binocular Disparity in V1)

      勝又 詩織
      映像情報メディア学会学術報告書 29 1-4
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    •  

      成島 和樹
      日本視覚学会2005夏季大会 仙台:東北学院大学土樋キャンパス8号館 押川記念ホール
    • Perception of depth and motion from ambiguous binocular information

      K. Sakai, M. Ogiya and Y. Hirai
      Vision Research 45 2471-2480
    • Asymmetric surrounding suppression and facilitation in the determination of border ownership

      K. Sakai, H. Nishimura and Y. Tsuji
      Society for Neuroscience 2005 Annual Meeting
    • 陰影からの奥行き知覚を促進させる画像中のホワイトノイズ特性の検討

      青木 奈津子、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 29 No.23 1-4
    •  

      K. Sakai, H. Nishimura, and Y. Tsuji
      Neuroscience Research (Abstract of Japan Neuroscience Society Annual Meeting 2005) 47 Sup.1
    • Border ownership dependent tilt aftereffect without completeness of figure不完全な図における傾斜順応効果の境界帰属依存性

      Y.Tsuji , 辻義尚 杉原忠 酒井宏
      VISION 17 No.1 81
    • 第1次視覚野における両眼間の視差と時間差の統合符号化の計算論的モデル(The Computational Model of Joint-encoding of Interoculer Time Difference and Binocular Disparity in V1)

      H. Nishimura K. Sakai
      Neurocomputing 58-60C 843-848

      TOP


    2004

    • 西村 悠 次世代システム科学COE推進コア リサーチアシスタント

      次世代システム科学COE
    • 西村 悠 C&C振興財団 国際会議論文発表者助成

      C&C振興財団
    • 辻 義尚 第3学群長表彰

      筑波大学第3学群
    • Determination of border-ownership based on surround context of contrast

      H. Nishimura K. Sakai
      Neurocomputing 58-60C 843-848
    •  

      西村 悠
      日本視覚学会/2004年冬季大会 東京(工学院大学)
    • システム神経生物学スプリングスクール 大阪(アイ・アイ・ランド)

      西村 悠
      システム神経生物学スプリングスクール 大阪(アイ・アイ・ランド)
    •  

      西村 悠
      Organization for Computational NeurosciencesThe Annual computational Neuroscience Meeting Baltimore,USA
    •  

      西村 悠
      日本神経回路学会/第14回全国大会 京都(京都大学百周年時計台記念館国際交流ホール)
    •  

      我妻 伸彦
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    •  

      我妻 伸彦
      Okinawa Computational Neuroscience Course
    •  

      我妻 伸彦
      日本視覚学会
    •  

      辻 義尚
      生理学研究所研究会 視知覚への多角的アプローチ - 生理、心理物理、計算論的生理学研究所
    • In-figure and boundary contrast as a salient feature in shape-from-shading perception

      N. Aoki and K. Sakai
      Progress in Biochemistry and Biophysics 31S 44
    • The role of early vision in the determination of depth and motion from ambiguous binocular information

      K. Sakai M. Ogiya and Y. Hirai
      Vision Sciences Society 2004 Annual Meeting Abstract 107
    • スリット視におけるRandom Dot Stereogram刺激の時空間的特徴と奥行き知覚の独立性 (Independence between the spatio-temporal characteristics of random dot stereogram stimuli and depth perception in single slit condition)

      荻谷 光晴、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 28, No. 21 1-4
    • 初期視覚機能 Early Vision

      酒井 宏
      映像情報メディア学会誌 58 8
    • 3次元輪郭知覚のメカニズムに関する心理学的研究

      菊池、酒井 宏、平井有三
    • 図と地のコントラスト変化が陰影からの奥行き知覚に及ぼす影響

      青木 奈津子、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 Vol.28, No.21 9-12
    • 傾斜錯視への群化の影響

      四十物 大、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 Vol.28, No.20 1-4
    • 地の輝度変化が陰影からの奥行知覚に及ぼす影響

      青木 奈津子、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬期大会 抄録集)Vol. 16, No.1 65

      TOP


    2003

    •  

      西村 悠
      Organization for Computational NeurosciencesThe Annual computational Neuroscience Meeting  Alicante,Spain
    •  

      西村 悠
      日本神経科学学会/第26回日本神経科学大会 名古屋(名古屋国際会議場)
    • 第14回生理化学実験技術トレーニングコース岡崎(生理学研究所/岡崎コンファレンスセンター)

      西村 悠
      生理学研究所
    • A network model for figure/ground determination based on contrast information

      H. Nishimura K. Sakai
      The neural Basis of Early Vision 11 226-230
    • Functional roles of receptive field structure in the perception of orientation

      K. Sakai
      Neurocomputing 52-54 141-149
    • グラデ−ションによる奥行きの知覚 - テクスチャを付与した効果

      門馬 拓哉、酒井 宏
      映像情報メディア学会技術報告 27, No.23 1-4
    • シングルスリットにおける両眼視差 Binocular Disparity in Single slit Condition

      荻谷 光晴、酒井 宏、平井 有三
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) 15, No.1 57
    • 時間的な両眼視差による奥行き知覚

      荻谷 光晴、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) 15, No.1 57
    • Figure/ground determination based on the surround context of contrast - A computational study

      H. Nishimura and K. Sakai
      Neuroscience Research (Abstract of Japan Neuroscience Society Annual Meeting 2003) 46, Sup.1 S131

      TOP


    2002

    •  

      西村 悠
      映像情報メディア学会/ヒューマンインフォメーション研究会
    • 第2回生理学若手サマースクール 

      西村 悠
      日本生理学会若手の会
    •  

      西村 悠
      Symposia for Life Sciences and Medicine
    • 両眼視を用いたスリット運動視の奥行き知覚

      荻谷 光晴、酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬季大会 抄録集) 14, No. 1 34
    • Integration of space and time leading to the simultaneous perception of depth and motion --- perception of objects moving behind a thin slit ---

      M. Ogiya, K. Sakai, and Y. Hirai
      Proc. of ICONIP'02 (9th International Conference on Neural Information Processing) 3 1231-1235
    • コントラスト情報から図地を判断する皮質モデル

      西村悠 酒井宏
      映像情報メディア学会学術報告書 26 49-54
    • Neural grouping and geometric effect in the determination of apparent orientation

      K. Sakai and Y. Hirai
      Journal of Optical Society of America A 19 1049-1062
    • 陰影からの奥行知覚における2次元テクスチャの影響

      門馬拓哉,酒井 宏
      Vision (日本視覚学会 冬期大会 抄録集) 14, No.1 52

      TOP


    2001

    • Spatial properties of cortical-cell receptive fields in the determination of apparent orientation

      K. Sakai
      Proc. of International Symposium on Measurement, Analysis, and Modeling of Human Functions (ISHF) 21-25
    • Neural grouping in early vision for the perception of orientation

      K. Sakai
      Society for Neuroscience 2001 Annual Meeting Abstract 285 16
    • Ambiguous contours in shape-from-shading

      K. Sakai and T. Monma
      Asian Conference on Vision (ACV) 2001 37
    • Perception of multiple-depths at a single retinal position

      M. Kikuchi, K. Sakai and Y. Hirai
      Perception (Abstract of European Conference on Vision and Perception (ECVP)) 0 sup. 42
      Investigative Ophthalmology and Visual Science, Annual Meeting Abstract (ARVO), IOVS(Investigative Ophthalmology & Visual Science) 42, No.4, sup. 613
    • 奥行次元における共線的結合の存在可能性

      菊池 眞之,酒井 宏,平井 有三
      日本神経回路学会 全国大会 2001 講演論文集 69-70
    • 陰影からの3次元知覚における輪郭と両眼視の影響

      酒井 宏、門馬 拓哉
      映像情報メディア学会技術報告 25, No. 29 103-108
    • 3次元の輪郭の知覚特性

      菊池眞之,酒井 宏,平井有三
      映像情報メディア学会技術報告 25, No. 29 103-108
    • Relation between contour saliency and binocular disparity

      K.Sakai
      ARVO

      TOP


    2000

    • Perceptual segmentation and neural grouping in tilt illusion

      K. Sakai and S. Tanaka
      Neurocomputing 32, No.1 979-986
    • Spatial pooling in the second-order structure of cortical complex cells -- Computational analysis

      K. Sakai and S. Tanaka
      Vision Research 40 855-871
    • A network mechanism for the determination of apparent tilt

      K. Sakai
      Proceedings of International Conference on Pattern Recognition (ICPR) 3 967-970
    • Neural grouping for the perception of gobal orientation based on V1 colinear connections and synchronization

      K. Sakai
      The 26th International Symposium of National Institute of Physiological Study, "Neural Mechanisms of Visual Perception and Cognition" 84
    • Neural segmentation and integration in the perception of orientation

      K. Sakai
      The Institute of Image Information and Television Engineers, Technical Report 24, No.63 11-15
    • 視覚情報処理ハンドブック

      酒井 宏、梅野 健、野村正英
      視覚情報処理ハンドブック、日本視覚学会編、朝倉書店607-641

      TOP

     

    2016

    2016年の Publications はこちら

    2015

    2015年の Publications はこちら

    2014

    2014年の Publications はこちら

    2013

    2013年の Publications はこちら

    2012

    2012年の Publications はこちら

    2011

    2011年の Publications はこちら

    2010

    2010年の Publications はこちら

    2009

    2009年の Publications はこちら

    2008

    2008年の Publications はこちら

    2007

    2007年の Publications はこちら

    2006

    2006年の Publications はこちら

    2005

    2005年の Publications はこちら

    2004

    2004年の Publications はこちら

    2003

    2003年の Publications はこちら

    2002

    2002年の Publications はこちら

    2001

    2001年の Publications はこちら

    2000

    2000年の Publications はこちら

    ※FireFox only